日別アーカイブ: 2011年11月4日

伊藤さんから

少年野球の目的は何処も青少年の健全と育成を謳っています。
私は社会人としてその道でメシを食べているプロとして
子供たちに伝えらることがあると思い、昨年から取り組んでいることがあります。

日替わりでキャプテンという名のリーダーをやることです。

もちろんリーダーとなる要素は色々あると思いますが
皆が皆なれるものではありません。

社会人になればいずれ後輩ができ部下が出来ます。
いつまでも新人では人間としても会社としても成長はしません。
人の前に立ちリーダーシップをとり人を使って物事を進めながら
時に上から(指導者)の指示命令に従いながら
対人に説明し伝えていくことは
社会や野球の世界でもつながるのではないでしょうか。

菅原さんから

久々に投稿をします。

最近の我が家の野球環境は、とても快適です!
私自身のイライラもなく、子供達も伸び伸びと野球をやり楽しんでいるようです。

今まで、たくさん苦しみ、たくさん考えて、たくさんもがいた結果なのかな?
と、思います。

1番の要因は私自身が子供達の野球チームについて
真剣に考えなくなったからだと思います。

私は子供達は、大人の理不尽な対応を経験させてあげたいと常に思っています。
自分の思い通りにならない事があることをわかって欲しいと思ってます。

そして、その理不尽な対応を大丈夫だよ、何つ~事はないよ!と、
笑顔で受け止めるようにしています。

子供は外で理不尽な事を経験しても
親がちゃんと子供の気持ちを受け取ってあげることで、
辛い体験さえも糧にして強くなるようです。

私達は目の前から宝物や、思い出が流される事を目のあたりにしたので、
余計に子供達には自立して、どの様な時も
立ち上がってもらいたいもいうような気持ちが強いです!

なので、野球の指導者程度の理不尽さなんか、
へみたいな事だし心配御無用だよ!

と、いう親の気持ちが大切かな?と、思います。

私の好きな言葉に

過去と、他人は変えられないけど、未来と自分は変えられる

というのがあります。

正に、我が家の子供達はどの様な環境でも
楽しいに変えてしまう事が出来つつあります。

なので、私もどの様な環境化でも楽しむ事に決めました。

今は最高に楽しいです。そうなると決めたので楽しいです!