日別アーカイブ: 2011年8月29日

投稿です。

そのチームは弱いか強いか?

一般的な野球の結果だけで言うと負けが多いチームです。
しかも二年生ではなくて、バッテリーは一年生です。
当然ですが中学生は一年生と二年生の体力差があり
中々抑えられません。
チームのエラーもかなりものです。

その監督さんが面白いんです!

プレーに対して叱るのはチャレンジしないプレー
全力で一塁に駆け抜けなったプレー
明らかに力を抜いたプレー
適当に行ったプレー

これらに対してはかなりの剣幕で叱ります!
当然そんなプレーをした子は、代えられます。
(戦力が薄いため、時と場合によります)

でも、ちゃんとまたチャンスを与えています。
できるまで何度でも教えてくれます。

チャレンジしたバッティングに対しては
たとえ内野ゴロでもOKです!

走塁はチャレンジしてアウトはOK窶シ
その積極性を認めます。

打てない子が自分の役割を理解して
進塁打でアウトになっても良い仕事をしたと認めてくれます。

思い切りのスイングの三振は
「ナイススイング」と、言ってくれます。

このチームが先日、なんと練習試合でツーランスクイズを決めて
5対0で勝ちました。

初の完封試合です!
その勢いで続けて勝ちました!
勝ちが全てではないと思います。

子供達が心から勝ちたいとか、上手くなりたいとか思える環境を作るのは
指導者の役割だと思いました。

このチームは、もしかしたら
本物の『チーム』になるかも?と、思いました。

因みにそのチームの子供の一言です

「早く土日がこないかな窶シ」
「また試合がしたいんだよ!」

彼らは野球の楽しさを今、分かり始めています。
これからどのようなチームになるか見ていきたいと思います。