日別アーカイブ: 2011年8月22日

菅原さんより投稿

毎週土日なると、朝から晩まで少年野球の応援やお手伝い、
お父さんは準備や、グランド整備や、練習のお手伝い

少しだけ子供達にやらせませんか?

グランド整備より練習の方が大切なのでしょうか?

子供達は帽子を取り『グランド整備ありがとうございました縲懌€シ』

なんかおかしくないですか?

普通の親御さんは大きな声で挨拶が出来てご満悦顏。
偏屈の私は竅・∞
極端な話、グランド整備で、練習が出来なくなっても
やらせるべきだと思います。

練習を早く切り上げてグランド整備の時間をとるべきです!
トンボがけには野球の動きの強化が盛り沢山だと思います。

一分でも一秒でも野球の練習なのでしょうか?

指導者の方は一生懸命勝つ事に目を向けていますが、
大切な事を考えていただきたいです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ある試合(大会)の光景です。

スコアは負けています。
明らかに相手の流れで試合は進んでいます。

子供達は炎天下の中、その日二試合目のゲームでした。
当然疲労は、かなりのものです。

審判をしている父さんも疲労の色を隠せません!
子供達の集中力もなくなりかけております。

その時です!

「声を出せ~!」
「集中しろ~!」

そればかりか、エラーをした我が子に対して
「しっかりしろ~!」と激を飛ばす!

これはお母さん方のドスの効いた声です!

あなたたちはコーチではありません!
あなたたちの役割は何でしょうか?
もう一度良く考えてみてください。

あまりにも、一生懸命になりすぎた末の現状でした。